「自ら学び、自ら解決する」高校生を育てたい

高校入試を突破した生徒たちが次に目指すゴールは、第一志望大学への合格です。
ただし、中学生とは違い、ただ大学に受かればいい、というわけではないと考えています。自らの力で学び、自らの力で解決する能力を身につけて大学へ進学するというのが、私が考える高校生の姿です。

・私立大学の指定校推薦と国公立の学校型選抜試験を目指す
・学校の教科書や問題集を中心に授業

実際、高校に進学した生徒たちが口々に言う言葉は、「授業のペースが速すぎる」です。それゆえ、目の前のことに追われて、本来身につけておくべき基礎基本がぐらついていることがほとんどです。

しかし、彼らは全員高校入試を突破してきた生徒たち。基礎基本が身についていないはずがありません。
だから、彼らに必要なのは、特別なテクニックではなく、高校受験勉強時代の勉強量に戻し、さらに自分で課題を発見し、解決する力を身につけることです。

つまづいた高校生にはまず、たくさん勉強してもらいます。勉強の方法はさまざまです。やり方をこちらから提示することもあります。
その上で、どういうやり方が自分に合っているのか、課題にぶち当たったときに、どのように解決するのか、生徒自身が考え、実行します。

授業中はあまり口出しをしません。

私たちが行うことは、問題の解き方の指導ではなく、課題解決の方法の指導です。その場で問題が解けること以上に、二度目・三度目に解けるようになったり、類題をクリアできるようになった方が意味があると考えます。
どこでつまづいているのか、どの地点まで戻って考えるべきか、同じ失敗をしないためにはどこがポイントか。生徒と対話しながらで、これを伝えていきます。

実際塾生の皆さんからは、自分の弱点などを自分で理解することで、学校のテストでも模試でも点数を上げることができたとうれしい報告を多くいただいています。

指導者に頼るのではなく、指導者を利用し、超えていく。こんな高校生を作りたいと本気で考えています。

志望校に合わせた方法で大学合格を目指す

IKUEI個別学院西条校の高校生は、多くが指定校推薦を狙うような形で授業を進めています。ですので、授業の中心は学校の教科書および問題集です。この理解を進めることを第1に指導しています。

とはいっても、現在の大学受験システムは多種多様です。指定校推薦以外の選抜方法で大学受験をする生徒もいます。

定期的に生徒面談を行い、常に学習計画を修正し、実行する。不具合が出たらすぐに修正し、また実行するを繰り返します。
あくまでも、自分自身で考え、実行する。講師はそのサポート役です。学力面・精神面とも安定した状態で入試に臨めるよう、全力で支えます。

⇒ 必要経費についてはこちらをご覧ください。

学習相談・入塾相談をご希望の方

IKUEI個別学院西条校までお電話ください
電話:082-422-5498 室長前浜までご連絡ください。
日曜日以外の、午後3時から午後10時まで受け付けています。

お問い合わせフォームでしたら、24時間受け付けております。
フォームはこちらです。
資料を郵送させていただきます。2・3日かかりますので、それまでしばらくお待ちください。

Copyright(c) 2021 IKUEI個別学院西条校 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com